製品取扱いのご注意

製品取扱いのご注意

製品の取扱いのご注意を説明いたします。

製品についてのご注意事項

ケガの注意

切断エッジ面等は鋭利なため、直接触ると切傷する恐れがあります。取扱いの際は必ず、保護具(保護手袋等)を着用して下さい。

傷の注意

ステンレスやアルミの表面は非常に傷つきやすい素材です。取扱いの際は十分にご注意下さい。

製品には表面と裏面がございます。レーザー加工の特性上、「表面」が有効面となります。

当社でレーザー切断するにあたり、裏面(縞板の場合は凸凹面を裏にして加工)に多少のスリ跡などが付くことがあります。これは加工機の都合上、どうしても避けられません。傷が付かないよう出来る限りの注意は払いますが、予めご了承ください。
特にアルミ材は柔らかく傷が付きやすい素材ですので、裏側の傷は他の素材より目立ちます。

表面保護材の注意

ステンレス304ヘアラインやアルミに関しては傷がつかないよう表面に保護シートを貼り付け出荷いたします。使用時は剥がしてお使い下さい。
ただし、長期間(数ヶ月) 貼り付けたままにしておきますと、保護材が剥がれにくくなったり、糊跡が残ったりする場合がございますので、お気を付け下さい。

カッティングシート等を貼り付ける場合の注意

カッティングシート等を貼り付ける場合は、金属板表面の汚れ・脂分・ホコリ等を予め取り除いてください。またヘアライン材の表面にはシリコンスプレーが塗布されておりますので、中性洗剤等でなでるように水洗いしてください。その際スポンジ等は使用せず傷が付かないようご注意ください。

ヘアライン目の注意

ステンレスのヘアライン目は長手方向にラインが伸びるように使われることが一般的です。当店でも指示がない場合は長手方向にラインが伸びるように製作します。注文時にはヘアライン目にご注意下さい。

サビの注意

鉄板(クロカワ・サンセン)に関しては時間が経つにつれ、どうしてもサビが発生してきます。お使いになられる際は、あらかじめ塗装もしくは防錆剤(ぼうせいざい)などのご使用をお勧めします。

ステンレス等に関しても全くサビないわけではありません。鉄等と重ねますと「もらい錆び」になる場合がございますのでご注意ください。

加工形状の注意

丸穴加工に関しては「板厚以上の直径」となります。板厚以下の直径の穴は、おあけすることが出来ません。ただし材質や板厚によっては可能な場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。
例)板厚6mmの板・・・直径6mm以上の穴=加工可能、直径6mm未満の穴=要お問合せ

細長い形状の物は反りが発生してしまい、ご希望のサイズになりません。長短の比率は20:1以下でご注文していただけますようお願い致します。
例)長辺1000mm(1メートル)を超える場合は、短辺を50mm以上にする

寸法精度の注意

精密な寸法公差が必要な場合はお問い合わせください。

板の厚みの注意

板の厚みは表示寸法よりも僅かに薄 い場合がございます(例 板厚6.0mm⇒5.8mmだったり5.9mmだったりします)。これは全ての板に共通して言えることで、製造メーカーや生産ロットなどによって、僅かな誤差がございます。ただしこれらは全てJIS規格の範囲内のものですので、あらかじめご了承くださいますようお願いします。

リピート品(繰返しの注文)の注意

リピート品に関しましては、その旨をお知らせください。当社に前回の切断データが保管されておりますので(一部を除く)、前回と同じ物を確実且つスムーズに製作することが出来ます。

オリジナル商品のオーダーメイド品につきましては、必ずお知らせください。連絡がない場合は前回と多少異なる製品になる場合がございますのでご注意下さい。

その他

製品の使用はあくまでお客様の責任の元でとなりますので、予めご了承ください。

ご質問やご不明な点などがございましたらお気軽にご相談ください。

商標登録されているロゴ・マーク等について

ご注意とお断り

商標登録されているロゴ・マーク等には、それを登録した企業や団体等に商標権・著作権が有ります。弊社ではお客様指定のロゴ・マーク等で制作のご依頼があった場合、それが商標登録されているものかどうかを判別すること、また確認することは出来かねますので、お客様自身での確認をお願い致します。 商標権や著作権について問題が生じた場合、弊社では一切の責任を負いませんので、予めご了承くださいますようお願い致します。

現在登録されている商品はありません。